シェアハウスに住むメリット・デメリットについて説明します。

物件には、様々な種類がありますが、物件を探す時できるだけ生活費を安く済ませるためにシェアハウスに住もうかな?と考えている方もいるかもしれません。

シェアハウスの事をもっと知りたい、シェアハウスのメリットとデメリットについて知りたいという方向けにシェアハウスとは何か?シェアハウスのメリットとデメリットについて詳しくお話したいと思いますので気になる方は読んで参考にしてみて下さい。

シェアハウスについて詳しく知っている方は、改めて学ぶつもりで読んでみると良いかもしれません。

 

シェアハウスとは?

 

人それぞれ捉え方はあるかもしれませんが、ゲストハウスは、短期間貸し出す宿泊施設です。シェアハウスは長期間生活をする賃貸住宅の事です。少し前まで、東京では、シェアハウスの事をゲストハウスと呼んでいました。

そういった事から、今でもシェアハウスやゲストハウスという言葉はしっかりとした線引きがされていない事があります。シェアハウスやゲストハウスなどの呼び方については、法律などで決められていないため、住まいだからシェアハウス、宿泊施設だからゲストハウスと言えない所があります。

ゲストハウスによっては、中長期滞在ができるので本当の住まいのように活用できます。家賃などを折半して暮らすことをルームシェアと言いますが、シェアハウスでもルームシェアのような形で運営されているところもあります。

 

シェアハウスのメリット

生活費や初期費用が安くすむ

シェアハウスの最も大きなメリットは、入居する時の初期費用、生活費などが安く住む事です。シェアハウスによっては入居した時点で、冷蔵庫、洗濯機、テレビ、ソファーなど生活に必要な様々な家電や家具が置かれているため、家具や家電を用意する費用がかからず経済的な負担もあまりありません。

さらに敷金や礼金がない物件が多いので、引越し費用が安く済みます。シェアハウスでは複数人で住むため、一人当たりの家賃が安く設定されています。家賃は、毎月払うものなので、生活費の節約になります。

ほとんどのシェアハウスでは、リビング、ダイニング、キッチンなどみんなで使う部分は、ファミリータイプとなっているので、一人暮らし向けのワンルームより広く、最新家電が使われていたりします。

 

仲間がいる安心感を得られる

一人暮らしも良いですが、人がいないと寂しいという方もいるかと思います。シェアハウスでは、みんなで使うところに人がいると会話できたりするため、寂しさや不安を感じなくて済みます。一人になりたい時は、個室で一人で過ごす事もできます。

シェアハウスの場合、何か困った事があったり、体調を崩した時などに助けを求めれるのもメリットです。シェアハウスの仲間がいる事で慣れない都会暮らしであっても精神的に安心できます。

 

人脈を広げられる

シェアハウスには、趣味、生活スタイル、年齢が違う人がたくさん集まります。状況によっては、外国の方と一緒に生活する事もあるかもしれません。仕事場とは違う出会いもあり、交友関係や人脈が広がりやすいです。まれにシェアハウスの仲間と一緒にビジネスをスタートさせたり、親友を見つけたりするそうです。

最近では、音楽、スポーツ、クリエイターなど趣味や価値観が似ている方限定のシェアハウスもあります。育った環境やキャリアが違う方と生活をする事で視野も広がります。外国人がシェアハウスにくると異文化交流ができて、もしかすると語学力もつくかもしれません。

 

『家具家電付き賃貸のメリットとデメリットについて説明します』~アイケア不動産お役立ち情報~

 

シェアハウスのデメリット

 

生活音のトラブル

基本的には、シェアハウスはプライベートな個室がありますが、東京などでは思ったよりも個室が狭い物件が多いです。プライベートな空間をしっかりと確保したい方は、通常の賃貸物件を借りると良いです。

壁が薄く、防音設備が整っていないシェアハウスでは、他の方の生活音、話し声、笑い声などが気になるかもかもしれません。もしも他の方が、昼夜が逆転していて、生活リズムが違う場合、寝ているときに生活音が聞こえる形となるので、睡眠が妨害されるかもしれません。

 

男女比率に偏りがある

性別関係なく入居できるシェアハウスでは、男女比率に差がでないように調整している物件もありますが、時期、タイミング、入居の条件などによってはどちらか一方に偏ってしまう事があります。

 

共同生活におけるトラブル

基本的にシェアハウスでは、近い距離で交流できますが、必ず相手と意気投合できるわけではありません。共同生活のマナーに関する認識が違うとトラブルになったりします。特に共同スペースのキッチン、お風呂、トイレなどの掃除やゴミ出しなどがきっかけになりやすいです。

些細なトラブルの積み重なり人間関係が拗れてしまう事があります。みんなで使うところは、自由に使う事はできないので、気をつかいすぎてストレスになってしまう場合は、シェアハウスは向いていないのかもしれません。

 

共有部分を自分で掃除しないといけない

シェアハウスの掃除やゴミ捨てなどを管理会社がしてくれる事もあります。掃除やゴミ捨てを管理会社がしてくれる事で、人間関係のトラブルを避け、みんなで使うところの掃除をしなくて良いので、時間を有効活用できます。できるだけトラブルをなくすためにも管理会社が清掃などをしてくれる物件を選ぶと良いです。

 

シェアハウスに住む時の注意点

 

共有スペースを綺麗に使う

リビング、キッチン、トイレ、お風呂などみんなで使うところは綺麗に使うと良いです。私物を放置したり、シンクに食器を置きっぱなしにしたり、シャワー後に自分の抜け毛をそのままにしておくと他の方に迷惑がかかってしまいます。一人一人が綺麗に使う事で、とても住み心地が良いシェアハウスになります。

 

シャワーやトイレの順番待ちでイライラしない

シェアハウスのシャワーやトイレには限りがあるため、順番待ちをしなければなりません。毎回使うたびにイライラしているといつかストレスが爆発してほかの入居者と喧嘩になってしまう可能性が高いです。

 

話し声や笑い声はできるだけ小さく

リビングや個室での話し声や笑い声はできるだけ小さくすると良いです。気をつけなければ騒音トラブルの元になってしまいます。リビングでは使用時間をきちんと守り、大声を出さないようにする個室では、テレビ、音楽はイヤホンで聞き、電話では大声を出さないように注意が必要です。

 

洗濯機の中に洗濯物を放置しない

洗濯機の中に洗濯物を放置してしまうと、次の人が使えず、放置しすぎてしまうと臭いとカビの原因になってしまいます。洗濯時間しっかりと把握して、放置しないように注意が必要です。できれば、洗濯機近くで時間を潰すようにするのがおすすめです。

 

冷蔵庫のモノを勝手にとらない

冷蔵庫の中にある他の人のものは勝手にとらないほうが良いです。ほとんどのシェアハウスでは、名前を書いてから冷蔵庫にいれますが、名前がないからといって勝手にとったりしないようにしましょう。自分のモノは自分のモノ、相手のモノは相手のモノという事は必ず覚えておくと良いです。

 

まとめ

 

今回は、シェアハウスとは何か?という事やシェアハウスのメリットとデメリットについても詳しくお話ししました。シェアハウスの事をもっと知りたい、シェアハウスのメリットとデメリットについて知りたいという方には参考になる内容が多かったのではないでしょうか。

シェアハウスは、引越し費用や家賃などが安いですが他の人と共同生活をするため、性格によっては、住みにくいと感じるかもしれません。安いからという理由だけで住むのも悪くはないですが、お話ししたシェアハウスのメリットとデメリットや注意点をよく読み返してからシェアハウスに住むかどうか考えてみる事をおすすめします。

 

『様々な間取りのメリットとデメリットについて説明します』~アイケア不動産お役立ち情報~

 

徳島で不動産のご相談ならアイケア不動産まで

不動産の売買・賃貸・管理・リフォームまで、経験豊富なスタッフが丁寧に対応させて頂きます。お気軽にご相談くださいませ。 TEL:088-660-6688 / Mail:info@aicare-fudosan.com

関連記事

  1. 不動産を借りる時に火災保険の加入は義務なのか?

  2. 見落としがち!?賃貸アパート・マンションを探すときの注意点とは!

  3. 賃貸アパート・マンションの退去費用について解説します!

  4. 賃貸アパート・マンションを借りる最適な時期とは?

  5. クローゼット(CL)・押入・物入・納戸など、収納の種類について説明します。

  6. 初めて不動産店に行く際に準備しておくべき物とは!?