「告知事項あり」ってどんな物件?見極める方法とは?

アパートやマンションなどの賃貸物件や中古の一戸建てを探していると、

「告知事項あり物件」という記載を見ることはありませんか?

 

「告知事項あり物件」とは、いわゆる「訳あり物件」と呼ばれるものです。

 

しかし、一口に「告知事項あり物件」と言っても、実際にどのような物件が「告知事項あり物件」なのか、詳しくは分からないという人も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、賃貸物件での「告知事項あり物件」とは、どのような物件の事なのかや、「告知事項あり物件」を見極める方法などをご紹介していきたいと思います。

賃貸物件を探す時には、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

告知事項ありとは?

 

それでは早速、「告知事項あり」とはどのような事なのかを説明していきましょう。

 

「告知事項あり」とは、賃貸物件として掲載する際に、その部屋や建物内で死者が出たような物件に記載される言葉です。

一般的に、借り主が事前に知っていたら、その部屋に住みたいと思わないような場合に、「告知事項あり」と記載することになっています。

 

 

告知事項あり物件とは?

 

では次に、「告知事項あり物件」とは具体的にどのような物件のことを指すのかを解説していきたいと思います。

まず賃貸物件において、仲介業者が告知することを義務付けられている内容をご紹介しましょう。

 

・過去に、その部屋や建物内で人が亡くなったことがある

・過去に、事件や事故、火災が起こったことがある

・賃貸物件の近くに、嫌悪施設がある

・賃貸物件の近くに、指定暴力団などの関連施設がある

 

主に上記の内容に関しては、仲介業者は「告知事項あり物件」として告知する義務があります。

 

また、火災や自然災害での事件性がない場合と、事件性があるもの、どちらも告知義務は発生します。

嫌悪施設に関しては、葬儀場・火葬場・墓地・産業界器物処理所・刑務所などが含まれます。

 

 

告知事項あり物件を見極めるポイント

 

それでは次に、告知事項あり物件を見極める際のポイントをご紹介していきましょう。

告知事項あり物件を見極める際は、大きく分けて2つのポイントがあります。

 

 

一部リフォーム済と明記されている

 

まず1つ目は、賃貸物件の説明欄に、部屋の一部リフォーム済と明記されている場合です。

一般的に、「一部リフォーム済」や「フローリング総貼り替え済」と記載されている場合は、告知事項あり物件の可能性が高いと言えます。

 

これは、告知義務が発生する事故物件の場合、事件や事故の跡を消すために、一部をリフォームしている事が多いからです。

また、賃貸物件で同じ建物内の他の部屋はそのままで、掲載されている部屋だけが内装など最新設備に変わっている場合も、告知事項あり物件の可能性が高いので注意しましょう。

 

 

家賃が相場よりも極端に安い

 

そして2つ目は、掲載されている賃貸物件の家賃が、相場よりも極端に安いという場合です。

賃貸物件の家賃というのは、周辺地域でだいたいの相場が決まっています。

 

そのため、その家賃相場よりも極端に安くなっている場合は、告知事項あり物件の可能性が高いと言えるでしょう。

家賃が相場よりも安い目安としては、孤独死などの場合は90%、自殺の場合は70~80%、殺人事件などの場合は50%ほどの家賃になっている事が多いです。

 

 

訳あり物件を見極める際の注意点

 

では最後に、訳あり物件を見極める際の注意点をご紹介していきたいと思います。

訳あり物件の中には、告知義務がないケースというものがあります。

 

例えば、住人が病気や寿命によって死亡して、死後すぐに警察に届け出た場合や、虫などが良く出るというようなケースは、基本的に告知義務はありません。

また、ボヤ程度の小規模の火事や、建物内での不審者の出没に関しても告知義務はありません。

 

そのため、ケースによっては告知事項あり物件となっていない事があるのです。

また告知事項あり物件であっても、前の住人が契約期間満期までいて、退去した場合などは生活に支障がないと判断され、告知義務がなくなるというケースもあります。

 

このように、事故や状況のケースによっては、告知事項あり物件に該当されるものであっても、記載されないケースもあるという事を頭に入れながら見てみる事をおすすめします。

 

 

まとめ

 

さて今回は、賃貸物件の「告知事項あり」物件とはどのようなものなのかや、告知事項あり物件を見極める方法などをご紹介してきました。

告知事項あり物件は、そのほとんどがリフォームをしている事が多く、見極める時の大切なポイントとなります。

 

また、家賃も見極める際に大切なポイントになりますので、賃貸物件を探す際はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

徳島で不動産のご相談ならアイケア不動産まで

不動産の売買・賃貸・管理・リフォームまで、経験豊富なスタッフが丁寧に対応させて頂きます。お気軽にご相談くださいませ。 TEL:088-660-6688 / Mail:info@aicare-fudosan.com

関連記事

  1. 「一間」や「半間」は何センチ?間取り図の長さについて解説します。

  2. 不動産とは?どこまでが不動産になるのか?

  3. 「DK」と「LDK」の違いとは?部屋の間取りの種類を説明します!

  4. 転勤になったら、持ち家は賃貸すべき?売却すべき?それぞれの判断基準を説明します!

  5. 不動産登記簿謄本の見方を詳しく解説します!

  6. 建築面積・延床面積・建物面積・敷地面積・土地面積の違いとは?