あなたに合うキッチンは?種類や特徴を説明します。

みなさんは、どのような基準でキッチンを選んでいるでしょうか?

収納スペースや動線など、キッチンに求める要素は人それぞれ異なります。

 

そこで今回は、自分に合うキッチンを選ぶ時のポイントや、キッチンの種類や特徴をご紹介していきたいと思います。

これから、自分に合うキッチンを探すという人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

キッチンを選ぶ時のポイント

 

それでは早速、キッチンを選ぶ時のポイントをご紹介していきましょう。

 

ここでは、2つのポイントをご紹介していきます。

 

 

流行やデザインだけに流されない

 

まず1つ目は、流行やデザインだけに流されないという事です。

キッチンを選ぶ時は、多くの人がショールームへ足を運ぶと思います。

 

素敵に組み合わされたキッチンが並べられているので、ついついデザインで決めてしまいがちですよね。

しかしキッチンは、見た目のデザインや流行だけで選ぶのは危険です。

 

実際に、キッチンを設置して使用するのはショールームではなく自宅なので、長く使用する事を考えると家族も使いやすいキッチンを選ぶ必要があります。

 

また、対応している調理器具や、使いやすい収納スペースも家庭によって様々です。

ご家庭ごとのライフスタイルを考慮して、キッチンは選ぶようにしましょう。

 

 

メリット・デメリットを確認する

 

2つ目は、メリット・デメリットを確認して決めるという事です。

キッチンには、色々な種類があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。

 

ショールームでは、すごく素敵で使いやすく見えるキッチンでも、いざ自宅に設置するとなるとデメリットが目立つという事もあるのです。

 

設置してから後悔しない為には、あらかじめキッチンそれぞれの特徴やメリット・デメリットを確認し、自分にとってメリットが多いキッチンを選ぶ事が大切です。

 

 

キッチンの種類や特徴

 

それでは次に、キッチンの種類や特徴をご紹介していきたいと思います。

 

Ⅰ型

 

1つ目は、Ⅰ型と呼ばれるキッチンです。

 

Ⅰ型は、シンクとコンロが一直線に配置されたデザインで、横に長い特徴があります。

調理する時に、横移動だけで動線が成り立つので、作業効率が良いというメリットもあります。

 

 

Ⅱ型

 

2つ目は、Ⅱ型と呼ばれるキッチンです。

Ⅱ型は、シンクやコンロ・調理スペースが2列に分離しているデザインが特徴です。

 

シンクとコンロが離れて配置されているので、オープンキッチンでも対面キッチンでもどちらも可能というメリットがあります。

作業中の移動が最小限で済むという特徴もあり、調理スペースを広く確保できます。

 

 

L型

 

3つ目は、L型と呼ばれるキッチンです。

 

L型は、その名の通りL字に見えるデザインで、家族とコミュニケーションを取りやすいというメリットがあります。

ある程度スペースに余裕がある場合は、対面式の間取りにすることも出来ます。

 

L型は、2人以上でキッチンに並んで作業することができ、お互いの動線も邪魔しません。

また解放感があるのも、L型キッチンの特徴です。

 

 

U型

 

4つ目は、U型と呼ばれるキッチンです。

U型は、3方向がカウンターで囲まれている状態になるのが特徴で、作業スペースが豊富に確保できるメリットがあります。

 

収納部分を設けるスペースも十分にあるので、作業効率も上がります。

カウンターの下は、収納スペースとして活用でき、シンクからコンロまで体を90度回転させるだけで届くので、最短距離で移動しながら作業することが出来ます。

 

 

アイランド型

 

5つ目は、アイランド型と呼ばれるキッチンです。

アイランド型は、シンクやコンロが独立して設置されていて、壁とキッチンが接することなく設置できるので、圧迫感がないのが特徴です。

 

アイランド型は、壁によってキッチンとリビングなどが仕切られていない為、一つの空間として演出することができ、空間をおしゃれにコーディネートしたい人にもおすすめです。

 

 

オープン型

 

6つ目は、オープン型と呼ばれるキッチンです。

 

オープン型は、アイランド型に似ていますが、キッチン自体に仕切りがなく、解放感があるキッチンです。

家族とのコミュニケーションが取りやすく、お部屋全体を明るく見せる事が出来ます。

 

 

セミオープン型

 

7つ目は、セミオープン型と呼ばれるキッチンです。

 

セミオープン型は、別名対面式キッチンとも呼ばれ、ダイニングとの間をカウンターなどで仕切ったキッチンの事です。

適度にお部屋からキッチンの中を隠す事が出来るので、急な来客が多い人にもおすすめです。

 

 

クローズ型

 

そして8つ目は、クローズ型と呼ばれるキッチンです。

 

クローズ型は、ダイニングから独立したデザインのキッチンで、料理の匂いがお部屋に付くことがないというメリットがあります。

 

 

まとめ

 

さて今回は、あなたに合うキッチンの選び方や、キッチンの種類や特徴をご紹介してきました。

 

一口にキッチンと言っても、様々な種類があり、それぞれに特徴やメリット・デメリットがあるので確認した上で選ぶ事が大切です。

実際に、自宅で設置した時をイメージしながら、あなたに合ったキッチンを選んでくださいね。

 

徳島で不動産のご相談ならアイケア不動産まで

不動産の売買・賃貸・管理・リフォームまで、経験豊富なスタッフが丁寧に対応させて頂きます。お気軽にご相談くださいませ。 TEL:088-660-6688 / Mail:info@aicare-fudosan.com

関連記事

  1. 建築面積・延床面積・建物面積・敷地面積・土地面積の違いとは?

  2. 部屋は何向きがいい?日当たり良好の基準とは?

  3. 不動産登記簿謄本の見方を詳しく解説します!

  4. 駅から徒歩1分は何m?不動産の徒歩所要時間について!

  5. 不動産登記は自分でできる?方法や必要なものを説明します!

  6. 「告知事項あり」ってどんな物件?見極める方法とは?