部屋は何向きがいい?日当たり良好の基準とは?

お部屋探しをする時に、「日当たり良好」って物件の資料やインターネットに書いているのをよく見かけますよね。今回は、その日当たりについて解説していきます。結論を言うと南向きが良いと言われていますが、ライフスタイルに合わせた物件を選ぶのがおすすめです。

もちろん、南向きの部屋はメリットがたくさんあり、家賃などが高いのですが、そこまで日に当たりたくない人など日当たり良好でなくても良い方にとっては南向きの部屋はベストな選択ではありません。方角によって部屋に特徴をもたらしますのでそれぞれの向きについてご紹介します。

 

とにかく明るい部屋が良いなら南向き

 

日中の日当たりが非常に良く、洗濯物がよく乾き、日のあかりが入る為電気代節約になり、冬の暖房費節約になります。デメリットとしては家賃が高いことと夏は暑くなってしまうことになります。寒い地域であれば外でなかなか洗濯物が干せなかったり、夏が涼しいとなれば問題なく快適に過ごせる部屋です。

 

経営者の方におすすめの東向き

 

太陽が東から上がることから、経営者からは縁起が良いとされて選ぶ人がいます。また、朝の日の光で目覚めたい方にもおすすめできます。デメリットは、日当たりは午前中だけなので午後は寒くなったり、冬は寒苦なってしまいます。

 

太陽に照らされていたいなら西向き

 

西向きは陽が沈むまで日当たりがあるため、冬は暖かくなります。デメリットは西日の影響で人に限らずものなど日焼けしやすくなり、夏に熱帯夜になる場合は夜過ごしづらいです。

 

日当たりが嫌な方におすすめの北向き

 

日当たりがなく人気がないため家賃が安いです。大きい窓を取り付けている場合が多く、明るい部屋の場合もあります。デメリットとしては、夏は涼しいのですが冬は寒く、洗濯物が乾わきずらくなります。

しかし、家賃が安いためすぐ異動してしまう転勤族や日中家にいない独身のサラリーマンにおすすめでもあります。もちろん、日焼けしたくない人や日当たりを好まない人にとっては南向きはデメリットだらけなので北向きが一番おすすめできます。

 

『電力自由化とは?仕組みやメリットなどを解説します!』~アイケア不動産お役立ち情報~

 

日当たり良好の基準とは?

 

「日当たり良好」について特に明確な基準がありません。物件を提示している不動産会社の考えによりその基準が違います。考えは人により異なるため自分で実際に物件を訪問して確かめるのがおすすめです。

しかし、一般的に日当たり良好というのは南向きの部屋があるという意味となっています。不動産側としては物件を見ないで買わない人は少ないためなるべく物件を見てもらうためにそのような売り文句をつけていることが多いようです。

 

日当たりが良いメリット・デメリット

 

日当たり良好の方が人気が高ったりしますが、家賃が高かったりもします。日当たり良好が良いのか、もちろんメリットだけでなくデメリットもあり、日当たりがどのような影響を及ぼすのかご紹介します。

 

メリット

・部屋が明るくなる
・暖房費節約
・洗濯物が乾きやすい
・カビが生えづらい
・程よく日を浴びた方が健康に良い

簡単に考えれば部屋が明るくなるのと、日が差し込み電気とは違い暖かくなる特徴があります。また、明るく、暖かいため洗濯物が乾きやすく、湿気も籠らないためカビが生えづらいです。

さらに、人間は太陽の光で起床したほうが自然で良いとされ、日中も程よく日を浴びた方が骨や歯を作るのに欠かせない栄養素のビタミンDが活性化されます。

 

デメリット

・眩しい
・夏は暑い
・内装やインテリアが日焼けや痛む

こちらも単純に考えると日が入れば当然眩しいですし、夏はものすごく暑くなるでしょう。また、人間が日に当たって日焼けをするように家の中の壁や家具などが日焼けしたり、傷んだりする可能性があります。特に日焼けしたくない多くの女性が好まない傾向があります。

日当たりがどうしても気になるなら日当たりシミュレーション・アプリがおすすめです。日当たりが気になる方であれば自分で納得がいくまでシミュレーションやアプリを通して考えると良いです。

日当たりシミュレーションはフリーソフトもあり、今ではスマホアプリで簡単にシミュレーションすることができます。転勤族の方であればあまり関係ないかもしれませんが、一生に一度のお買い物と言っても良い家を購入する場合は身長に調べたいはずですので是非参考にしてみてください。

 

まとめ

 

日当たりが良い方が人気は高いですが、メリットやデメリットがあります。大切なのは、この記事の内容を理解した上で、あなたに合ったアパート・マンションを選ぶことです。

 

『駅から徒歩1分は何m?不動産の徒歩所要時間について!』~アイケア不動産お役立ち情報~

 

徳島で不動産のご相談ならアイケア不動産まで

不動産の売買・賃貸・管理・リフォームまで、経験豊富なスタッフが丁寧に対応させて頂きます。お気軽にご相談くださいませ。 TEL:088-660-6688 / Mail:info@aicare-fudosan.com

関連記事

  1. 「一間」や「半間」は何センチ?間取り図の長さについて解説します。

  2. 引越し挨拶は必要?範囲や時間、気をつけることとは?

  3. 不動産の耐用年数についてご説明します!

  4. 「DK」と「LDK」の違いとは?部屋の間取りの種類を説明します!

  5. 一坪って何平米?広さを表す単位「坪」「平米」「畳」について解説します。

  6. 不動産とは?どこまでが不動産になるのか?