一坪って何平米?広さを表す単位「坪」「平米」「畳」について解説します。

家を建てる時や、不動産などの物件を探していると、「敷地面積〇坪」のような表記や「南向き土地〇㎡」のような表記を目にする事が多いと思います。

 

しかし、「坪」「平米」「畳」のような数値で表記されていても、実際のところ具体的な土地の面積イメージが掴みづらいという人も多いでしょう。

「坪」「平米」「畳」の面積表示は、不動産の広さをイメージするために、とても必要なものですよね。

 

そこで今回は、不動産の面積表記で出てくることの多い、「坪」「平米」「畳」について詳しく解説していきたいと思います。

 

一坪は何平米?

 

それではまず、一坪は何平米なのかについて解説していきましょう。

 

一坪は約3.31㎡となっています。

 

しかし、この坪表記は、公正取引協議会にて、計量法によって建物の取引や証明において禁止されています。

そのため、正式な取引の場では、㎡(平方メートル)単位を使う事となっています。

 

「坪」「平米」「畳」の早見一覧

 

では次に、「坪」「平米」「畳」の早見表をご紹介していきたいと思います。

 

坪数 ㎡数 畳数
1坪 3.31㎡ 約2畳
5坪 16.52㎡ 9.98(約10畳)
10坪 33.05㎡ 19.96(約20畳)
15坪 49.58㎡ 29.94(約30畳)
20坪 66.11㎡ 39.92(約40畳)
25坪 82.64㎡ 49.90(約50畳)
30坪 99.17㎡ 59.88(約60畳)
35坪 115.70㎡ 69.86(約70畳)
40坪 132.23㎡ 79.84(約80畳)
45坪 148.76㎡ 89.82(約90畳)
50坪 165.28㎡ 99.80(約100畳)
55坪 181.81㎡ 109.78(約110畳)
60坪 198.34㎡ 119.76(約120畳)
65坪 214.87㎡ 129.74(約130畳)
70坪 231.40㎡ 139.72(約140畳)
75坪 247.93㎡ 149.70(約150畳)
80坪 264.46㎡ 159.68(約160畳)
85坪 280.99㎡ 169.66(約170畳)
90坪 297.52㎡ 179.64(約180畳)
95坪 314.04㎡ 189.62(約190畳)
100坪 330.57㎡ 199.60(約200畳)

 

このような形で、それぞれの数値を表すことが出来ます。

また上記は、公正取引協議会の定めている、1畳=1.62㎡:に基づいて算出しています。

 

地域による畳の大きさの違い

 

それでは次に、地域による畳の大きさの違いについて解説していきたいと思います。

 

・京間(西日本エリア):1畳=191.0cm×横95.5cm=1.82㎡

・中京間(東海エリア):1畳=182.0cm×横91.0cm=1.65㎡

・江戸間(東日本エリア):1畳=176.0cm×横87.8cm=1.54㎡

・団地間(エリアに関係なく多くの団地で採用):1畳=170.0cm×横85.0cm=1.44㎡

 

このようになっています。

 

また現在では、エリアに関係なく施工会社などの商品・企画によって採用されるものがまちまちとなっている場合もあり、「不動産表示に関する公正競争規約(表示規約)」では、居室等の広さを畳数で表示する場合は、畳1枚当たりの広さを1.62㎡以上としています。

 

「坪」から「平米」・「平米」から「坪」への計算方法

 

それでは最後に、「坪」から「平米」・「平米」から「畳」への計算方法をご紹介していきたいと思いますが、その前に1平米(㎡)の面積の求め方からご紹介しましょう。

 

1㎡は、1辺が1mの正方形です。

そのため、面積の求め方は1m×1m=1㎡となります。

平米の単位は、1mと㎜が使用されますが、家を建築する際に基準寸法となっているモジュールは、mではなくmmを使用する事になっています。

 

では、実際に自分で面積を計算する時の計算方法をご紹介しましょう。

 

まずは、100㎡を坪にする計算方法です。

平米(㎡)から坪数を計算する際は、平米数×0.3025の計算式を使用します。

 

・100㎡×0.3025=30.25坪

 

では次に、100坪を平米(㎡)にする計算式です。

坪から平米数(㎡)を計算する場合は、坪数÷0.3025で計算します。

 

・100坪÷0.3025=330.57(㎡)

 

まとめ

 

さて今回は、一坪は何平米なのか、また広さを表す単位である「坪」「平米」「畳」について詳しく解説してきました。

家を建てる際や土地の広さをイメージするためには、必ず必要になってくる「坪」「平米」「畳」のような面積表示。

 

単位ごとの広さを知らないと、いざ不動産の購入を検討する時に、広さをイメージしづらいですよね。

不動産の面積表示は、公正取引協議会の定めにより統一されているので、今回ご紹介した計算式や、「坪」「平米」「畳」の早見表によるおおよその広さのイメージが出来ていれば、広告などで表示されている広さをイメージしやすいでしょう。

 

これから、土地や家を建てようと検討している人は、ぜひ今回ご紹介した早見表と計算式を知っておく事をおすすめします。

 

徳島で不動産のご相談ならアイケア不動産まで

不動産の売買・賃貸・管理・リフォームまで、経験豊富なスタッフが丁寧に対応させて頂きます。お気軽にご相談くださいませ。 TEL:088-660-6688 / Mail:info@aicare-fudosan.com

関連記事

  1. 建築面積・延床面積・建物面積・敷地面積・土地面積の違いとは?

  2. 電力自由化とは?仕組みやメリットなどを解説します!

  3. 部屋は何向きがいい?日当たり良好の基準とは?

  4. 不動産とは?どこまでが不動産になるのか?

  5. 駅から徒歩1分は何m?不動産の徒歩所要時間について!

  6. あなたに合うキッチンは?種類や特徴を説明します。