「DK」と「LDK」の違いとは?部屋の間取りの種類を説明します!

物件探しをしていると必ず出てくるDKとLDK。

 

あなたはこの意味をご存知でしょうか?1DK?1LDK?・・・間取りを意味しているとはわかっていても詳しい内容が分からない方へ!

今回はその種類について一つずつ解説していきます。

 

L・D・K・Rの意味って?

 

「Ⅼ」

 

L(エル)とはリビング(居間)という意味です。

テレビやソファ等を置いて、くつろいだり家族団欒をする場所になります。

 

「D」

 

Ⅾ(ディー)とはダイニング(食堂)という意味です。

つまり、食事をする場所になります。料理が運びやすいよう、通常キッチンの近くに設置されています。

 

「K」

 

K(ケー)とはキッチン(台所)という意味で、料理をする場所になります。

 

「R」

 

R(アール)とはルーム(個室)という意味です。

1R(ワンルーム)は仕切りがなく、一つの空間に全てが詰み込まれています。

 

DKとLDKの違い

 

「DK」とは

 

DK(ディーケー)とは、ダイニングキッチンの略です。

ダイニングとキッチンが同じ空間となったスペースという意味です。

 

「LDK」とは

 

LDK(エルディーケー)とは、DK(ダイニングキッチン)にL(居間)が加わったスペースという意味です。

LDKは部屋が広いため、家族が集まりやすく、テレビを見たりゆっくりとくつろげる空間です。

 

※つまり、DKとLDKの違いは「キッチンのある部屋の広さ」になります。

例えば、居室が1部屋の場合は、4.5畳~8畳未満がDK、8畳以上がLDKと分類されます。

 

しかし、居室が2部屋以上になると、6畳以上がDK、10畳以上がLDKとなります。

この基準は、「首都圏不動産公正取引協議会」により定められました。

 

1K・1DK・1LDKの違い

 

「1K」

 

キッチンのある部屋(4.5畳未満)と居室が1部屋ある間取りです。

1R(ワンルーム)と異なる点は、キッチンと居室の間に仕切りがあり、料理をしたときなど匂いを気にする必要がありません。

 

「1DK」

 

キッチンのある部屋(4.5畳以上~8畳未満)と居室が1部屋ある間取りです。

1DKは、1Kよりも広い独立したダイニングキッチンがあります。

 

居室が2部屋以上の場合は、2DKと表記され、キッチンのある部屋が6畳以上10畳未満となります。

 

「1LDK」

 

キッチンのある部屋(8畳以上)と居室が1部屋ある間取りです。

居室が2部屋以上の場合は、2LDKと表記され、キッチンのある部屋が10畳以上となります。

 

LDKは十分な広さであるため、基本的な家具を配置しても周辺の通路幅を確保できます。

 

あなたにおすすめの間取りと選ぶ時のポイント!

 

あなたが今探しているお部屋はどのようなイメージですか?ライフスタイル別に見たおすすめの間取りをご紹介します。

 

例① 1人で暮らしたい

 

1人で暮らしたいという方には、1R・1K・1DKがおすすめです。

その中でも料理が好きな方には1DKが良いでしょう。

 

1Kもキッチンと居室の間に仕切りがありますが、キッチンスペースが4.5畳未満であるため狭く感じてしまうかもしれません。

また、キッチンの傍にダイニングテーブルを配置することができるので、ストレス無く料理を楽しめるでしょう。

 

これから自炊を頑張ろう!と思っている方にもおすすめです。また、キッチンと寝る部屋を分けたいという方は、1K・1DKで良い物件を探してみてくださいね。

家賃をなるべく安く抑えたいという方は1Rがおすすめです。1Rは仕切りがなく、シンプルな間取りが多いです。

 

例② 2人で暮らしたい

 

2人で暮らしたいという方には、1LDK・2DKがおすすめです。

1LDKは、全てのお部屋を共有し生活することになるので、一人の時間は必要ないという方には適しているでしょう。

 

逆に、2DKは居室が2部屋あるのでキッチン以外をリビングと寝室に分ければ、一人の時間も作れると思われます。

また、居室をそれぞれの居住空間にすることもできます。

 

例③ 家族で暮らしたい

 

家族で暮らしたいという方には、2LDK~の間取りが良いでしょう。

 

例えば4人家族の場合、3LDKを選ばれることが多いです。

子供が小さい時は1LDKや2LDKでもほとんど問題なく過せると思いますが、子供が成長するに連れてライフスタイルも変わっていきます。

 

3LDKになると、夫婦の寝室、子供部屋を2室などに分けられるので、それぞれの居住空間を作れるのではないでしょうか?

また、LDKはリビングが10畳以上と広いので、ゆっくりと家族団欒を楽しめます。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

今回はDKとLDKの違いについてまとめてみました。DKとLDKの違いは「キッチンのある部屋の広さ」でした。

物件全体を見た時に、DKの方が広い場合もあります。どのような部屋に住んだら良いのか迷っている方は、ぜひ参考にされてくださいね!

 

徳島で不動産のご相談ならアイケア不動産まで

不動産の売買・賃貸・管理・リフォームまで、経験豊富なスタッフが丁寧に対応させて頂きます。お気軽にご相談くださいませ。 TEL:088-660-6688 / Mail:info@aicare-fudosan.com

関連記事

  1. 不動産売買にかかる仲介手数料について説明します!

  2. 不動産取得税はいつ払う?計算方法や軽減措置ついて!

  3. あなたに合うキッチンは?種類や特徴を説明します。

  4. 不動産店が教えるおすすめの土地探しの方法とは?

  5. 賃貸アパート・マンションを借りる最適な時期とは?

  6. 家を買うタイミングはいつが良い?後悔しないポイントとは?