引越し時の正しい不用品処分の方法とは?タイミングや注意点も説明します。

引っ越しが決まって片付けをしていると、普通のゴミでは出せない不用品が出てきますよね。様々な種類の不用品が出てきますが、引っ越す日までに処分する必要があります。不用品の処分方法はいくつかあり、自分に合った方法やタイミングを選択する事が大切です。

そこで今回は、引っ越し時の正しい不用品処分の方法や、タイミングや注意点などもご紹介していきたいと思います。これから、引っ越しが控えている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

不用品処分の方法

 

それでは早速、不用品処分の方法からご紹介していきましょう。

 

自治体の回収を利用する

まず1つ目は、自治体の回収を利用するという方法です。普通のゴミとして出せないゴミでも、お住まいの自治体で回収を依頼する事が出来ます。料金や回収する間隔は、各自治体によって異なりますが、申し込みを行い、指定された当日の朝に出しておけば、回収してもらう事が出来ます。

 

不用品回収業者に依頼する

2つ目は、不用品回収業者に依頼するという方法です。不用品処分の方法として、民間の不用品回収業者に依頼するというのも、一般的な方法です。

処分したい不用品の種類や大きさなどを伝えると、見積もりを出してもらえるので、あとは希望の日時に引き取ってもらえば完了です。引っ越しまでに、忙しくてなかなか時間が取れない人でも、手軽に依頼する事が出来るのでおすすめです。

 

リサイクルショップに持ち込む

3つ目は、リサイクルショップに持ち込むという方法です。不用品でも、まだ使えるものもありますよね。そのようなものは、リサイクルショップに持ち込むのもおすすめです。

店舗に持ち込む方法や、自宅まで引き取りに来てもらえる方法もあるので、すぐに査定してもらいたい時などは便利です。リサイクルショップは、取り扱い品目が多いので、大抵の不用品は買い取ってもらえるでしょう。

 

フリマアプリなどで売る

4つ目は、フリマアプリなどで売るという方法です。アプリへの登録や梱包、発送などが面倒でないのなら、フリマアプリなどで売るという方法もおすすめです。

その商品が欲しいという人が買ってくれるので、リサイクルショップよりも高値で売れる事もあります。しかし、すぐに売れるかどうかは分からないので、引っ越しまでに時間の余裕がある場合に利用すると良いでしょう。

 

引っ越し業者に引き取りを依頼する

5つ目は、引っ越し業者に引き取りを依頼するという方法です。引っ越し業者の中には、オプションとして不用品の引き取りを行ってくれる所があります。不用品処分の手間が省けるだけでなく、引っ越しの準備に集中できるのでおすすめです。

 

解体して普通のゴミとして出す

 

そして6つ目は、解体して普通のゴミとして出すという方法です。不用品の種類によっては、解体できる物もありますよね。そのような場合は、小さく解体して普通のゴミとして出す事も可能です。指定のゴミ袋に入る大きさになる場合は、何回かに分けて普通のゴミとして出すのも良いでしょう。

 

『賃貸アパート・マンションの解約手続きの流れを説明します』~アイケア不動産お役立ち情報~

 

不用品を処分するタイミング

 

では次に、不用品を処分するタイミングについて解説していきましょう。引っ越しは、段取りを間違えるとギリギリになって荷造りなど急いで行う事になります。そのため、必要な物の梱包と合わせて、不用品の処分も適切なタイミングで行う事が重要です。

一般的に、引っ越しの際の荷造りには、1~2週間程度の時間を見ておいた方が良いと言われています。仕事が忙しかったり、荷造りにあまり時間が取れないような場合は、これよりももっと時間に余裕を見ておいた方が良いでしょう。

それを踏まえると、不用品処分は少なくとも引っ越し日の2週間以上前から始めておく必要があります。荷造りを始める前に、ある程度仕分けをしながら不用品処分をして、必要な物だけが分かるようにしておくと良いですね。

 

不用品を処分する時の注意点

 

それでは最後に、不用品を処分する時の注意点について解説していきたいと思います。

 

スケジュールに余裕を持たせる

まず1つ目は、スケジュールに余裕を持たせるという事です。処分方法によっては、査定や手続きに時間がかかるものもあります。そのため、引っ越しの準備にかけられる時間を把握して、スケジュールを組むようにしましょう。

 

家電リサイクル法で定められた電化製品に注意する

2つ目は、家電リサイクル法で定められた電化製品に注意するという事です。これは、特定の電化製品の部品をリサイクルして、廃棄物を減らすための法律で、対象となる電化製品は「テレビ」「冷蔵庫」「冷凍庫」「洗濯機」「衣類乾燥機」です。これらを処分する際は、所定のリサイクル料金を支払う必要があるので注意しましょう。

 

違法な業者に注意する

そして3つ目は、違法な業者に注意するという事です。不用品回収を行う業者の中には、無許可で営業しているところもあります。悪質な業者に依頼してしまうと、不法投棄や高額な追加料金を請求される可能性もあるので注意が必要です。

 

まとめ

 

さて今回は、引っ越し時の正しい不用品処分の方法や、タイミングや注意点について詳しく解説してみました。引っ越しは、何かと時間との戦いとなるので、段取り良く不用品を処分する事が重要です。これから、引っ越しが控えている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

『賃貸アパート・マンションの退去費用について解説します』~アイケア不動産お役立ち情報~

 

徳島で不動産のご相談ならアイケア不動産まで

不動産の売買・賃貸・管理・リフォームまで、経験豊富なスタッフが丁寧に対応させて頂きます。お気軽にご相談くださいませ。 TEL:088-660-6688 / Mail:info@aicare-fudosan.com

関連記事

  1. 入居後に気づいた設備の故障や不備への対処の仕方とは?

  2. 不動産を借りる時に火災保険の加入は義務なのか?

  3. 高齢のため入居拒否されることはある?高齢者のお部屋探しの方法とは?

  4. 一人暮らしを始めたら住民票を移さないといけないのか?

  5. 一人暮らしで使う水道光熱費の平均的な料金は?

  6. 不動産業に必要な資格「宅地建物取引士」とは?