不動産店が教えるおすすめの土地探しの方法とは?

家を建てる第一歩は、希望に合う土地探しから始まります。土地探しが初めての人にとっては、どこから探せば良いのか迷ってしまう事も多いのではないでしょうか?

土地は、様々な探し方があり希望する条件によって異なります。そこで今回は、不動産店が教えるおすすめの土地探しの方法をご紹介したいと思います。

 

土地の探し方

 

それではまず、土地を探す時にどのような方法があるのかをご紹介していきましょう。

 

ネット

1つ目は、ネットを使って土地を探す方法です。ネットには、膨大な量の土地情報が掲載されているので、とりあえず色々な土地を見てみたいという人におすすめの探し方です。理想の土地の明確なイメージがまだない場合は、様々なタイプの土地を見ることが出来ます。

 

ハウスメーカー

2つ目は、ハウスメーカーで探す方法です。ハウスメーカーでの土地探しは、その後の建築計画がある程度進んでいる人におすすめです。

 

不動産店

そして3つ目は、不動産店で探す方法です。不動産店は地元の土地のプロでもあるため、最新の土地の情報に触れたいという人におすすめの探し方です。

 

ネットで土地を探すメリットとデメリット

 

それでは次に、ネットで土地を探す時のメリットとデメリットをご紹介していきたいと思います。ネットで土地を探すメリットとしては、膨大な情報量と色々なタイプの土地を見ることが出来るという点です。

しかし、デメリットとして、情報の鮮度的にはやや古いものが多いという点があります。土地の情報は、地元の不動産店が多く扱っており、なかなか買い手がつかない土地がネットには掲載されている事が多いためです。

 

ハウスメーカーで土地を探すメリットとデメリット

 

次に、ハウスメーカーで土地を探す時のメリットとデメリットをご紹介していきましょう。ハウスメーカーで土地を探すメリットとしては、情報の鮮度が高いという点です。特に、人気の高いエリアでは不動産店から流れてきた情報がある可能性が高いです。

逆にデメリットとしては、土地を購入した後に住宅の建設を土地探しを依頼したハウスメーカーで、行わなければならないという点です。また、建設条件付きの場合が多い事も特徴ですので、敷地対応力が低くなりがちという点もデメリットと言えるでしょう。

 

不動産店で土地を探すメリットとデメリット

 

それでは、不動産店で土地を探す時のメリットとデメリットをご紹介していきたいと思います。不動産店で土地を探すメリットとしては、地元の土地のプロなので情報量が豊富で、情報も早いという点です。

扱う土地のバリエーションも豊富で、様々なニーズに応えられるようになっています。逆にデメリットとしては、土地を購入後の建設的な提案までは望めないことが多いという点です。

 

『宅地と分譲地の違いとは?メリット・デメリットを解説します』~アイケア不動産お役立ち情報~

 

土地を探す時のチェックポイント

 

それでは実際に、土地を探す時にチェックすると良いポイントをご紹介したいと思います。いざ現地で土地を見ていると、見落としがちな事も多いので忘れずにチェックするようにしましょう。

 

土地へかけられる金額を明確にする

まず1つ目は、土地へかけられる金額を明確にするということです。土地探しの第一歩は、資金計画を立てる事です。全体の予算で、土地にいくらかける事が出来るのかを明確にしておくことが大切です。理想の土地との出会いは突然やってくるものなので、その時に判断が鈍ってしまわないように計画を立てておきましょう。

 

希望条件を整理しておく

2つ目は、希望条件を整理しておくということです。基本的には、「希望するエリア」「希望する土地の大きさ」「希望する土地の形状など」を決めておくことをおすすめします。

 

土地の制限を知っておく

3つ目は、土地の制限を知っておくということです。土地には、「建ぺい率」「容積率」「斜線制限」「防火地域/準防火地域」などの制限があり、その土地の制限を超える建設物は建てる事が出来ない決まりになっています。そのため、その土地に希望の家を建てる事が出来るかを、事前に調べておく必要があるのです。

 

日当たり・風通しなど

4つ目は、日当たりや風通しなどです。購入したい土地の近くに、雑木林や竹林などがあると日当たりや風通しは悪くなります。また、水はけなども晴天時には分からない事なので、雨天の時など何度か訪れてみるようにしましょう。

 

隣地との関係

5つ目は、隣地との関係です。土地によっては、地積測量図や境界確認書が不明な場合があります。そのような土地の場合は、越境しているような場所がないか、広告よりも間口が狭くないかなどの確認が必要です。

 

電柱やごみ置き場

6つ目は、電柱やごみ置き場の確認です。土地によっては、敷地の間口に電柱が立っていたり、ごみ置き場になっていたりするのでチェックが必要です。電柱を移動させるとなると、電力会社に移設工事を依頼する必要があるので、事前に確認するようにしましょう。

 

地質

7つ目は、地質の確認です。土地を探す時は、地盤が緩くないかや盛り土などの有無を確認することが大切です。専門家の判断が必要になるので、現地に同行してもらいチェックするようにしましょう。

 

更地か古家があるか

そして8つ目は、更地か古家があるかの確認です。土地によっては、現地に古家が残されている場合があり、そのような時は取り壊しなどが買主の負担となります。取り壊し費用などが追加で必要になってしまうので、よく確認するようにしましょう。

 

まとめ

 

さて今回は、不動産店が教えるおすすめの土地探しの方法をご紹介しました。土地の購入は、一生のうちでとても大きな買い物です。しっかりと希望する条件を明確にして、ご自分に合った方法で理想の家を建てられる土地を探してみてくださいね。

 

『先に土地だけを購入する場合に気を付けるべき注意点とは』~アイケア不動産お役立ち情報~

 

徳島で不動産のご相談ならアイケア不動産まで

不動産の売買・賃貸・管理・リフォームまで、経験豊富なスタッフが丁寧に対応させて頂きます。お気軽にご相談くださいませ。 TEL:088-660-6688 / Mail:info@aicare-fudosan.com

関連記事

  1. 建売住宅と注文住宅の費用や特徴の違いを比べてみました!

  2. 先に土地だけを購入する場合に気を付けるべき注意点とは?

  3. 路線価とは?土地の価格の調べ方と計算方法を説明します。

  4. 不動産売却は誰に相談するべき?悩みや状況別に相談先を説明します。

  5. 不動産売買でありがちなトラブルと解決方法は?

  6. 土地を探すときに重要!用途地域一覧と調べ方を説明します。