賃貸アパート・マンションの壁に押しピンは大丈夫?釘やネジは?

賃貸のアパート・マンションで、気をつけなければならないのが押しピンやネジなどを刺すことです。

自分らしい部屋にしたいと、ポスターなどを飾りたいところですが、賃貸物件の場合は条件によって、原状回復義務が発生してしまう事もあるのです。

 

そこで今回は、賃貸アパート・マンションの壁に押しピンや釘・ネジをさしても大丈夫なのかを解説していきたいと思います。

 

 

賃貸で押しピンなどを使用する時の注意点

 

それでは早速、賃貸で押しピンなどを使用する時の注意点を解説していきましょう。

 

賃貸契約書の確認

 

まず1つ目は、賃貸契約書の確認です。

 

賃貸契約書には、壁に押しピンをさした時の修繕費用の事など、様々な状況を想定して書かれています。

賃貸物件を借りている時は、この賃貸契約書に書かれている内容が、一番効力が強いと言われているので確認するようにしましょう。

 

 

原状回復ガイドラインの確認

 

そして2つ目は、原状回復ガイドラインを確認することです。

 

原状回復ガイドラインとは、2011年に国土交通省が公表したもので、賃貸物件における原状回復費用に関する事などがまとめられています。

原状回復ガイドラインによると、通常の使い方の範囲内で出来た壁の穴などに関しては、入居者の修繕負担はないとされていますが、通常の使い方という定義は人それぞれ受け取り方が違う可能性もありますよね。

 

そこで順を追って、原状回復義務の詳しい解説をしていきたいと思います。

 

 

原状回復義務とは

 

原状回復義務とは、賃貸物件の入居者が退去時に「入居時の状態に部屋を戻す」義務の事を指します。

 

原状回復義務が発生するか迷いやすい場所や状態について、詳しく解説していきましょう。

 

 

壁に刺した押しピンの跡

 

壁に刺した押しピンの跡は、普通に生活していると良くある事ですよね。

 

ガイドラインによると、壁に刺した押しピンの跡程度でしたら、通常の使い方の範囲内と考えらえています。

 

そのため、原状回復義務は発生しないと考えて良いでしょう。

 

 

押しピンで留めたカレンダーの日焼け跡

 

次に、押しピンで留めたカレンダーの日焼け跡ですが、これも通常生活している中ではあり得る使い方ですよね。

 

カレンダーの日焼け跡も、自然現象によるもので、借主が故意につけたものではないので、原状回復義務は発生しません。

 

 

クギやネジを打った跡

 

次は、釘やネジの場合ですが、これは注意が必要です。

 

押しピンとは違い、穴も大きく深く刺さっている事が多いですよね。

 

この場合、通常の使用による損耗の範囲を超えてしまう可能性があり、穴の数や深さにもよりますが、原状回復義務があると判断される可能性が高い状態と言えそうです。

 

 

実内の襖やドアの押しピンの跡

 

最後に室内の襖やドアの押しピンの跡ですが、襖やドアの場合は、壁の場合の規定とは対応が違う事が多いです。

 

壁の場合は傷ついた場所を修理しますが、襖やドアの場合は全部を丸ごと取り換えるという事が多いのです。

 

そのため、賃貸契約書で最初から退去時の張り替え費用が発生する事になっている場合は、特に追加で原状回復義務が発生する事はありませんが、規約によっては退去時に原状回復義務が発生する可能性は高い状態ですので、出来るだけ入居時の状態を維持するようにしましょう。

 

 

原状回復ガイドラインの内容

 

それでは次に、原状回復ガイドラインの内容をご紹介していきたいと思います。

 

 

原状回復義務の範囲外

 

まず、原状回復義務の範囲外となるものをご紹介しましょう。

 

・クロス張りの場合の、下地ボードの張り替えが不要な程度の壁、天井の押しピンなどの穴

・壁に貼ったポスターや絵画の日焼け跡

・エアコン設置による壁のビス穴や跡(賃借人所有のエアコンの場合)

 

 

原状回復義務の範囲内

 

次に、原状回復義務の範囲内となるものをご紹介します。

 

・クロス張りの場合、重さのある物をかける為に開けた壁や天井などの釘の跡やネジの跡(下地ボードの張り替えが必要な程度)

・天井に直接付けた照明器具の跡

 

 

原状回復費用は築年数によって変わる

 

原状回復費用は、ガイドラインに記載されている減価償却に関するルールにより、築年数によって変わるとされています。

 

例えば、壁紙の場合は6年が経過すると減価償却されるので、新築で入居した場合の壁紙は、3年経つと負担する割合が50%になります。

 

金額で表すと、新築の場合は10万円かかる壁紙でも、3年住んで原状回復義務が発生して、張り替える際は50%の5万円を負担するという感じになるのです。

 

 

賃貸で押しピンや釘、ネジの代わりで使えるもの

 

それでは最後に、賃貸物件で押しピンや釘、ネジを使えない時の代わりになるものをご紹介していきたいと思います。

 

 

壁美人

 

このアイテムは、金属製のフックをホッチキスで留めて使うもので、壁にラックなどを設置する際に使用します。

ホッチキスなら穴も目立たないですし、賃貸アパートやマンションにはおすすめのアイテムです。

 

 

ひっつき虫

 

このアイテムは、ポスターなど軽いものを壁に貼りたい時に、おすすめのグッズです。

ガムのような粘着剤を四隅に貼れば、簡単に壁に貼り付ける事ができ、何度もはがせるのも魅力です。

 

 

ピクチャーレール

 

ピクチャーレールは、壁に直接穴を開けることなく、絵画などを飾ることができ、重い物でも耐えられるので、賃貸アパートやマンションで使用するのにおすすめです。

 

 

まとめ

 

さて今回は、賃貸アパート・マンションの壁に押しピンや釘、ネジなどを使っても大丈夫なのかを解説してみました。

 

賃貸物件の場合は、賃貸契約書の内容に基づいて、様々な費用の条件が異なってきます。

退去時のトラブルを避ける為にも、壁に傷がつくような穴を開ける際は、しっかり確認してから行うようにしましょう。

 

徳島で不動産のご相談ならアイケア不動産まで

不動産の売買・賃貸・管理・リフォームまで、経験豊富なスタッフが丁寧に対応させて頂きます。お気軽にご相談くださいませ。 TEL:088-660-6688 / Mail:info@aicare-fudosan.com

関連記事

  1. 賃貸不動産経営管理士について説明します。

  2. 一人暮らしを始めたら住民票を移さないといけないのか?

  3. 来店から入居まで!お部屋探しの流れを解説します!

  4. 部屋は何向きがいい?日当たり良好の基準とは?

  5. 賃貸アパート・マンションを借りるときの初期費用について!

  6. 駅から徒歩1分は何m?不動産の徒歩所要時間について!