不動産会社にも種類がある?それぞれの役割を詳しく解説します。

不動産会社と聞くと、不動産売買の仲介を行うというイメージがありますよね。しかし、一口に不動産会社と言っても、いくつかの種類に分かれており、役割もそれぞれ違うのです。

不動産会社なら、どこでも不動産売買の仲介が出来るというわけではありません。そこで今回は、不動産会社にはどのような種類があるのか、そしてそれぞれの役割について解説していきたいと思います。

 

不動産会社の種類

 

それでは早速、不動産会社の種類からご紹介していきましょう。ここでは、4つの種類に分けて解説していきます。

 

開発会社

まず1つ目は、開発会社です。開発会社とは、不動産物件の開発・建築に特化した不動産会社の事を指します。そして、開発会社の中でもさらに、得意分野によって種類が分かれています。

例えば、商業用施設や工場などを含む、建築分野全般を扱う「総合デベロッパー」、マンション建築に特化した「マンションデベロッパー」、一戸建てに特化した「ハウスメーカー」というように、開発会社の中でもそれぞれ特化した分野ごとに役割が分かれているのです。

 

販売代理会社

2つ目は、販売代理会社です。販売代理会社は、開発会社が開発・建築した不動産物件を、販売する為の窓口になる不動産会社です。その中でも、同じグループの開発会社の物件のみを扱う「専属会社」と、様々な開発会社の物件を扱う「受託会社」に分かれています。

 

仲介会社

3つ目は、仲介会社です。仲介会社は、主に中古の不動産物件の売買や仲介を扱う不動産会社です。不動産を売りたい側と買いたい側や、不動産を貸したい側と借りたい側の仲介を主な業務内容となっています。また、物件の査定や相場情報の収集、不動産売買や賃貸に関する業務なども行います。

 

管理会社

そして4つ目は、管理会社です。管理会社とは、不動産物件の清掃やメンテナンス、住民管理などの管理業務を請け負う会社を指します。住民の生活維持に関する業務を幅広く行っており、清掃などの短期的な日常業務から、修繕積立金の管理や修繕計画の立案・実施などの長期業務も行います。

一般的には、分譲マンションの管理業務代行を行いますが、賃貸物件や別荘地に特化した管理会社もあります。

 

『不動産営業の仕事内容とは?やりがいや向いている人を解説します!』~アイケア不動産お役立ち情報~

 

不動産購入に関わる不動産会社

 

それでは次に、不動産購入に関わる不動産会社の役割について解説していきましょう。

 

新築物件は販売代理会社

不動産購入で、新築物件を扱う場合は、マンションや一戸建てに関わらず、販売代理会社が窓口となります。その中でも、新築のマンションの場合は、開発会社と同じグループの販売代理会社が扱う事がほとんどです。

しかし、販売代理会社ではなく、開発会社が窓口になる事もあり、一戸建ての場合はハウスメーカーや工務店が一貫して窓口になる事もあります。

 

中古物件は仲介会社

中古物件の購入の場合は、多くの場合は仲介会社が窓口となります。仲介会社は、幅広いネットワークを持っているので、買主の希望を叶えるのに適しているのです。

 

不動産売却に関わる不動産会社

 

では次に、不動産売却に関わる不動産会社の役割を解説していきたいと思います。

 

売却手続きは仲介会社

中古の不動産売却を行う際は、仲介会社が手続き業務を行います。不動産売買における豊富な知識で、それぞれの物件に適した手続きを案内してくれます。仲介会社なら、中古物件の売買情報は共有されているため、強みを比較して選べるのも特徴です。

 

マンション売却は管理会社

そして、マンションの部屋を売却する場合に限っては、そのマンションの管理会社が売買の仲介を請け負っている場合があります。マンションの長期的な管理を行っている管理会社ですと、マンションのメリット・デメリットをしっかり把握しており、買主に対して正確な情報を伝えることが出来るからです。

しかし、管理会社は売買を専業にはしていない為、仲介会社に比べると相場よりも安く売られてしまう可能性もあるので注意が必要です。

 

まとめ

 

さて今回は、不動産会社の種類や、それぞれの役割について詳しく解説してみました。不動産会社と一口に言っても、それぞれ種類や役割があります。

得意分野を活かした不動産会社が、それぞれの分野で窓口となっているという事が分かりましたね。自分が、どのような不動産取引を行いたいかによって、適切な不動産会社を選ぶようにしましょう。

 

『10年後の不動産業はどうなっている?不動産ビジョン2030とは?』~アイケア不動産お役立ち情報~

 

徳島で不動産のご相談ならアイケア不動産まで

不動産の売買・賃貸・管理・リフォームまで、経験豊富なスタッフが丁寧に対応させて頂きます。お気軽にご相談くださいませ。 TEL:088-660-6688 / Mail:info@aicare-fudosan.com

関連記事

  1. 賃貸不動産経営管理士について説明します。

  2. 不動産店の定休日が水曜日に多い理由とは?何曜日に行くのが良い?

  3. 不動産営業の仕事内容とは?やりがいや向いている人を解説します!

  4. 不動産の「2022年問題」とは?生産緑地解除でどうなる?

  5. 10年後の不動産業はどうなっている?不動産ビジョン2030とは?