不動産営業の仕事内容とは?やりがいや向いている人を解説します!

不動産営業と聞くと、マンション・戸建ての販売や賃貸住宅の仲介をする仕事というイメージがあるのではないでしょうか。

大きな金額を動かす不動産営業は、ほかでは得られない大きなやりがいがあります。

 

今回は、不動産営業の仕事内容、やりがいについて詳しく解説します。

 

不動産営業の主な仕事内容3つ

 

不動産営業と一口にいっても、仕事内容は多岐にわたります。

  • 不動産の販売
  • 不動産賃貸の仲介
  • 不動産販売の仲介

上記3つについて、どのような仕事内容なのかみていきましょう。

 

不動産の販売

 

不動産販売の仕事では、自社で所有している戸建て住宅や土地、投資用のマンションなどの不動産を販売します。

営業手法は、飛び込みやテレアポがメインです。

 

アポイントが取れたら実際に要望をヒアリングし、最適な提案を行います。

不動産販売では、売上目標のノルマが設定されることが多いです。

 

契約できれば高いインセンティブを得られ、実績により給与が上がる傾向にあります。

不動産商品は高額ですぐに契約に至るわけではないため、「いま購入するメリット」をしっかりと伝えられる営業スキルが必要です。

 

不動産賃貸の仲介

 

不動産賃貸仲介の仕事では、賃貸マンションや賃貸アパートなどを借りたい人と、物件の管理会社とのあいだに入って提案し、契約を進めます。

入居を希望する顧客に物件を紹介・契約するだけでなく、内覧の付き添いなども行います。

 

見込み客に対し営業活動を行うため、不動産販売に比べ成約率が高く、個人にノルマを課されるケースは少ないです。

内覧の同行には車で移動することもあり、普通自動車運転免許を持っているとよいでしょう。

 

「部屋を借りたい」と希望する顧客への反響営業のため、ハードな営業は避けたいという人にも適しています。

 

不動産販売の仲介

 

不動産販売仲介の仕事では、個人や企業が所有する不動産を代理で販売します。

不動産を買いたい人と、売りたい人の仲介役です。

 

自社の物件を販売するわけではないため、売却希望の不動産を探すところからスタートします。

不動産の仕入れから提案、契約までを一貫して担当するため、ほかの不動産営業よりも難易度が高いです。

 

営業手法は飛び込みやテレアポがメインで、ノルマが設定されるのが一般的。

まずは販売する物件を募集する広告を作り、ポスティングをして不動産を売りたい人を探します。

 

販売する物件を見つけたら買い手への営業を行い、クロージングまで行います。資料の作成や金額の交渉などを、一人で行うのが特徴です。

 

不動産営業で感じられるやりがい3つ

 

不動産営業では、どのような点にやりがいを感じられるのでしょうか。

  • 人生の一大イベントに携われる
  • 大きな金額を動かせる
  • さまざまな人に出会える

上記3つのやりがいについて、それぞれご紹介します。

 

人生の一大イベントに携われる

 

不動産の商品は高額なものが多く、顧客は大きな決断をしなければなりません。

家を買ったり借りたりする点では、人生の一大イベントとなるでしょう。

 

信頼を得て契約に結びつけられれば、感謝されこの先長く付き合っていくこともあります。

実際、「ありがとう」と言われたときに喜びを感じる、と挙げる不動産営業の人は多いです。

 

そのため、人生設計や悩みなどを深くヒアリングし、的確なアドバイスをすることが求められます。

賃貸の場合は売買ほど金額は大きくありませんが、生活の大部分を占める家選びに関わる点では、同じやりがいを感じられるはずです。

 

大きな金額を動かせる

 

不動産売買では、数千万円単位の大きな金額を動かします。

自分の営業スキル次第では、金額が数億円となることも。

 

大きな金額や顧客の満足度向上など、成果をわかりやすく可視化することが可能です。

1件の契約で店舗や企業の売上に大きく貢献できる点は、不動産営業の大きな魅力といえるでしょう。

 

さまざまな人に出会える

 

不動産営業は年齢や性別、職業などに関わらずさまざまな人の生活に関わる仕事です。

その場限りではなく、同行して物件を見回ったり提案をしたりするなかで、不動産に関わる話だけでなく顧客の趣味やこれまでの思い出など、雑談も交えながら多くの話をします。

 

信頼度を上げられると、別の顧客を紹介してもらえることもあり、プライベートでの付き合いに発展することも。

 

人とのつながりを密に感じられるのも、不動産営業の魅力のひとつです。

人と接するのが好きな人にも、適しているでしょう。

 

不動産営業が向いている人

 

不動産営業の仕事に向いているのは、以下のような人です。

  • コミュニケーション能力が高い
  • 前向きに学ぶ姿勢がある

顧客の要望をヒアリングし、最適な提案をする必要がある不動産営業では、コミュニケーション能力が欠かせません。

 

契約を取るという目的だけでなく、顧客の目線に立ってコミュニケーションできる人は向いているでしょう。

不動産営業では物件の情報だけでなく、法律や資産運用などさまざまな知識が必要です。

 

専門知識を意欲的に身につける姿勢がある人は、向いているといえます。

 

まとめ

 

不動産営業の主な仕事には、不動産販売・賃貸仲介・販売仲介の3つがあり、それぞれ仕事の範囲やノルマの有無、求められるスキルなどが異なります。

また大きな金額を動かせるだけでなく、人生の一大イベントに携わることができ多くの人と出会えるのも、不動産営業で感じられるやりがいです。

 

顧客の人生の節目に関わる重要な役割に興味がある方は、ぜひ不動産営業を検討してみてください。

 

徳島で不動産のご相談ならアイケア不動産まで

不動産の売買・賃貸・管理・リフォームまで、経験豊富なスタッフが丁寧に対応させて頂きます。お気軽にご相談くださいませ。 TEL:088-660-6688 / Mail:info@aicare-fudosan.com

関連記事

  1. 不動産会社にも種類がある?それぞれの役割を詳しく解説します。

  2. 不動産の「2022年問題」とは?生産緑地解除でどうなる?

  3. 賃貸不動産経営管理士について説明します。

  4. 不動産店の定休日が水曜日に多い理由とは?何曜日に行くのが良い?