最新の記事

不動産を安く仕入れて高く売る!空き家の転売・リフォーム転売の方法とは?

売買不動産投資

2023.01.19 / 最終更新日:2023.01.19

最近では、不動産業者だけでなく個人でも空き家を転売したり、リフォーム転売を行う人が増えてきています。大きな金額が動く不動産転売は、利益を上げようと思っている人に注目されている投資方法とも言えます。

今回は、そんな不動産を安く仕入れて高く売る、空き家転売・リフォーム転売の方法について解説していきたいと思います。

 

空き家の転売は違法にならない?

 

それではまず、そもそも空き家転売は違法にならないのか?という点から見ていきましょう。結論から言うと、空き家の転売自体は違法行為にはあたりません。

転売というと、収益を得る目的で違法性があるというイメージを持つ人も多いかもしれませんが、物件や土地などを購入して、それを第三者に売却するという流れだけでは、違法にはならないので安心しましょう。

 

空き家の転売・リフォーム転売の流れ

 

では次に、空き家転売・リフォーム転売の流れについて解説していきたいと思います。まずは、転売の対象となる空き家を探すために情報収集を行います。そして、希望に合う物件が見つかったら購入します。

リフォーム転売をする場合は、ここで空き家のリフォームを行いますが、転売する物件は全体的な大規模なリフォームではなく、部分的なリフォームを行う事が一般的です。買い手がつきやすい程度にリフォームし、出来るだけ利益が出るようにするためです。

そして、リフォームが終わったら、不動産会社へ依頼し買主を探します。その後、買主が見つかったら売却・引き渡しという流れになります。

 

空き家転売・リフォーム転売で高く売る方法

 

では次に、空き家転売・リフォーム転売で高く売る方法について解説していきましょう。

 

立地エリアの需要性を見る

まず1つ目は、立地エリアの需要性を見るという事です。転売する物件の築年数や外観などはもちろんですが、意外と重要なのが立地エリアです。物件の価値は、その土地の需要が高騰すればそれに比例して上昇します。

そのため、都市開発やエリア需要に関する情報を集めて高値で取引できる所を選ぶようにすると良いでしょう。具体的には、駅から徒歩数分圏内・公共施設が近い、商業施設が近く利便性が高いなどが挙げられます。

 

築年数の古い物件に付加価値をつける

2つ目は、築年数の古い物件に付加価値をつけるという事です。例えば、最近では古い物件を購入して自分好みにリフォームやリノベーションしたいという人が増えています。そのため、物件だけでなくリフォームやリノベーションをセットにして販売する事で、最近では需要がある方法と言えます。

 

転売をするタイミングを見極める

そして3つ目は、転売するタイミングを見極めるという事です。空き家を高値で転売するためには、転売を行うタイミングが非常に重要です。具体的に、転売に最適と言われているタイミングは、下記のような時期と言われています。

・新築住宅価格相場が高騰したタイミング
・ローン金利相場が下落したタイミング
・新生活や引っ越しが盛んになる時期
・建設需要が高騰したタイミング

空き家転売・リフォーム転売を行う際は、このようなタイミングで行うように意識すると良いでしょう。

 

空き家転売・リフォーム転売をする時の注意点

 

それでは最後に、空き家転売・リフォーム転売をする時の注意点について解説していきたいと思います。

 

反復継続による空き家転売

まず1つ目は、反復継続による空き家転売です。空き家の転売自体は違法行為にはならないのですが、不動産を安く仕入れて転売するという行為を何度も繰り返し行っているような場合は、反復継続と見なされ違法になる可能性があるので注意が必要です。

繰り返し転売を行う事が出来るのは、宅地建物取引業の免許を持っている会社のみです。そのため、免許がない個人が何度も転売行為を繰り返していると、法的処置が下される恐れがあるのです。しかし、明確な基準があるわけではないので、短期間で何度も転売を繰り返さなければ問題ないでしょう。

 

時期を見極める

そして2つ目は、時期を見極めるという事です。不動産の価値と言うのは、経済状況など様々な要因によって上下します。

また、転売はバブル期に比べると現在はそれほど儲からないとも言われているので、時期を見極めないで転売してしまうと想像以上に利益が出ないという事も考えられます。物件のまわりの開発状況や、経済の動きなど総合的に見て転売を行う事が重要です。

 

まとめ

 

さて今回は、不動産を安く仕入れて高く売る、空き家の転売・リフォーム転売の方法について詳しく解説してみました。不動産の転売は、個人でも行う事ができ利益を得るために空き家の転売を行う人も増えています。

違法行為にはあたりませんが、高く売るためにはタイミングや物件の立地条件、経済状況など様々な視点から最適な時期で売る必要があります。今回は、実行しやすい高く売るための方法をご紹介しましたので、空き家の転売・リフォーム転売を検討している人はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

徳島で不動産のご相談ならアイケア不動産まで

不動産の売買・賃貸・管理・リフォームまで、経験豊富なスタッフが丁寧に対応させて頂きます。お気軽にご相談くださいませ。 TEL:088-660-6688 / Mail:info@aicare-fudosan.com