最新の記事

市街化調整区域の売買はできる?流れや注意点を説明します。

売買購入売却

2022.03.23 / 最終更新日:2022.03.23

不動産売買をしようと思った時に、必ず目にするのが市街化調整区域という言葉です。良く見かける言葉だとしても、具体的に何なのか、また不動産売買に支障があるのか分からないという人も多いでしょう。

そこで今回は、市街化調整区域の売買は出来るのか、また流れや注意点について解説していきたいと思います。これから、不動産売買を検討している人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

市街化調整区域とは

 

ではまず、そもそも市街化調整区域とは何なのかという部分から解説していきましょう。市街化調整区域とは、都市計画法で定められた区域の1つで、住宅などの建設を積極的に行わず、市街化を抑制する区域の事を指します。市街化調整区域は、農林水産業などを守る目的で制定され、郊外に多く見られるのが特徴です。

 

市街化調整区域の売買はできる?

 

では次に、市街化調整区域の売買は出来るのかという事について解説していきたいと思います。結論から言うと、市街化調整区域の売買は全てではありませんが、条件を満たしているものでしたら売買が可能です。

例えば、すでに開発許可を得ている土地の場合は、その許可を取得した時の同じ用途と規模の建物なら、許可を取得しなくても建築や建て替えが可能です。

また、市街化調整区域の中でも、民家が立ち並んでいるような集落の場合、その集落の周辺なら売買が認められるケースもあります。しかし、売買に関する条件は地域によって異なるので、具体的な条件に関しては各市町村に問い合わせてみましょう。

 

市街化調整区域を売買する際の流れ

 

では次に、市街化調整区域を売買する際の流れについて解説していきたいと思います。

 

行政調査を行う

まず1つ目は、行政調査を行うという事です。不動産売買を行う際は、売買したい物件がどのような条件になっているか調べる必要があります。不動産会社に物件の査定を依頼すると、行政調査が行われます。

 

買取業者へ問い合わせる

2つ目は、買取業者に問い合わせるという事です。市街化調整区域での売買は難しいと言われているため、買取価格などを調べるために業者に依頼します。価格は、通常の売却価格の8割程度となっていますが、その分売れやすいというメリットがあります。

 

仲介業者に依頼する

3つ目は、仲介業者に依頼するという事です。ここで大切なのは、市街化調整区域の物件の取り扱いに慣れている業者を選ぶという事です。市街化調整区域の売買をする場合は、「専任媒介契約」がおすすめです。

 

売買条件を決定する

4つ目は、売買条件を決定するという事です。物件を売買するために、正式に仲介業者に依頼したら、売買価格などを決めて売り出しを開始します。

 

買主が見つかったら売買契約を結ぶ

そして5つ目は、買主が見つかったら、売買契約を結ぶという事です。条件に合う買主が見つかったら、売買契約を結び売買が成立します。

 

『先に土地だけを購入する場合に気を付けるべき注意点とは?』~アイケア不動産お役立ち情報~

 

市街化調整区域を売買する際の注意点

 

それでは最後に、市街化調整区域を売買する際の注意点について解説していきたいと思います。

 

売主の注意点

まずは、売主側の注意点です。市街化調整区域での売買は、建築許可や様々な条件を考えながら行う必要があります。そのため、売買する際は市街化調整区域に強い仲介業者を選ぶようにしましょう。市街化調整区域での売買情報を把握していないと、思うように売買が進まず納得できる結果に繋がらないケースもあるので注意が必要です。

 

買主の注意点

次は、買主側の注意点です。買主側が意識する注意点としては、売買契約に特約を盛り込むという事です。市街化調整区域での売買が可能な物件だとしても、リスクを出来るだけ避けるために、いつまでに許可を取得できない場合は、契約を解除するという内容の特約を入れておくと安心です。

 

売主と買主両方の注意点

そして、売主側と買主側両方の注意点ですが、「地目」を知っておくという事です。土地は、その目的によって「宅地」「田」「畑」「山林」などの23区分に定められています。その地目によって、売買する時の条件が異なってくるので、予め把握しておく必要があるのです。また、インフラについても事前に確認しておく事をおすすめします。

 

まとめ

 

さて今回は、市街化調整区域の売買は出来るのか、また流れや注意点について解説してみました。市街化調整区域での売買は、通常の売買の条件とは異なる部分があり、しっかりと把握しておかないと後々トラブルの原因になってしまいます。今回は、具体的な流れや注意点も解説したので、売買を検討している人はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

『市街化区域と市街化調整区域の違いと購入する際の注意点とは?』~アイケア不動産お役立ち情報~

 

徳島で不動産のご相談ならアイケア不動産まで

不動産の売買・賃貸・管理・リフォームまで、経験豊富なスタッフが丁寧に対応させて頂きます。お気軽にご相談くださいませ。 TEL:088-660-6688 / Mail:info@aicare-fudosan.com