不動産を売却するコツを説明します。

持ち家などを持っていると様々な事情があり、売却したりしたくなる事があるかもしれません。不動産を売却をしたいと思っても、まず何からしたら良いか分からない、不動産売却のコツが知りたいという方が多いかと思います。コツを知っておく事で良い不動産会社を見つけられたりできるだけ早く売却する事ができます。

今回は、査定のコツ、媒介契約の種類、価格設定、内覧の時に片付ける箇所などについて分からない方向けに査定から内覧の時の話まで詳しくお話ししたいと思いますので参考にしてみて下さい。すでに知識がある方もまだ知らない情報などあるかもしれないので一度読んでみても良いかもしれません。

 

どのくらいで売却できるかチェックする

 

まずはインターネット上で査定してもらう

不動産の価格を査定する方法は2つあります。机上査定と訪問査定です。卓上査定は、間取りや住所など最低限の情報を使用して査定します。基本的にメールなどで査定できるので手軽です。

卓上査定をする時に便利なのがインターネット上にある不動産一括査定サービスです。基本的に査定をお願いする時は複数の不動産会社から選びます。査定額を見て、売却する物件の相場や不動産会社独自の色、担当者の対応など確認すると良いです。

査定が終了したら最も査定額が高い会社を選ぶと良いかと思います。査定額に関係なく売るのが上手な不動産会社を選ぶのも一つの手かもしれません。

 

訪問査定をお願いする

インターネットで卓上査定をお願いして不動産会社が決まったら、訪問査定をお願いします。訪問査定をお願いすると会社の営業担当者の方が来てくれるため、その時にいくつかチェックする事があります。

 

営業担当者の経験やスキルを確認する

不動産を売却する時の広告活動や販売するときの戦略は営業担当者のスキルや経験によって変わります。結果的に売却できるかどうかは、営業担当者の経験やスキルによって分かれます。そのため、営業担当者が不動産知識があるのか、連絡はマメか、相談した時に的確なアドバイスをしてくれるかを確認する事が大切です。

 

予定されている広告活動の確認

売却したい物件の広告活動方法は、オープンハウスを開催したり、インターネットや新聞の折り込み広告、ダイレクトメールなどで集客したり、不動産会社同士で情報交換する機関に登録するなどがあるので、どの方法で広告活動をするのか、頻度や時期も確認すると良いです。

 

似たような物件を売却した経験があるか確認する

不動産には、土地、一戸建て、マンションなどの種類があり、広さによっても売却する方や売り方が変わってきますので似たような物件の販売実績があるか確認してみましょう。

似たような物件の売却実績がなかった場合は、売却するのに苦労する可能性があるので違う不動産会社を探すと良いかもしれません。一度お願いしたため、断りにくいところもあるかもしれませんが、物件をできるだけ早く売却するためには、思い切って決断しましょう。

 

正しい媒介契約を結ぶ

 

不動産取引をする時は、不動産会社と媒介契約を結ぶ必要があります。媒介契約には様々な種類があるため、詳しくお話しします。

 

媒介契約の種類は主に3種類

【一般媒介契約】
他業者への依頼→同時に依頼できる
自己発見取引→自分で見つけても良い
不動産会社の状況報告義務→決まりはなし
不動産会社同士の情報交換機関への登録→決まりなし
有効期間→法律的には決まりなし

【専属専任媒介契約】
他業者への依頼→同時に依頼できない
自己発見取引→自分で見つけられない
不動産会社の状況報告義務→1週間に1回以上報告
不動産会社同士の情報交換機関への登録→契約を結んだ翌日から5日以内に登録する
有効期間→3か月

【専任媒介契約】
他業者への依頼→同時に依頼できない
自己発見取引→自分で見つけても良い
不動産会社の状況報告義務→2週間に1回以上の報告
不動産会社同士の情報交換機関への登録→を結んだ翌日から7日以内に登録する
有効期間→3か月

一般媒介契約は、他の不動産会社に売却の依頼ができるので、不動産会社同士の競争意識がある事から早く売れやすいです。専属専任媒介契約や専任媒介契約の場合、ハウスクリーニング無料サービス、買取の保証、つなぎ融資など利用できる不動産会社が多いです。

 

『不動産を売りたいと思ったら、取るべき行動とは?』~アイケア不動産お役立ち情報~

 

正しい価格で売る

 

価格が高すぎないかチェックするには?

まれに仲介契約をしたいという思いから、高額な価格査定をする不動産会社があります。不動産を初めて売却する方にとっては、自分が売却したい物件の価格が安いのか高いのかはなかなか判断がつきにくいです。価格が高すぎないかどうかチェックするためには、複数の不動産会社に査定を依頼すると分かります。

 

売れない時に価格を見直す方法

まず価格を見直すタイミングは、内覧が1か月くらいこなくなった時です。最初売り始めた時は、何件か内覧が入ったとしてもしばらく経つと内覧が途絶えてしまう事があります。

最初の1週間から2週間くらいで物件情報が様々な方に伝わるため、早い段階での価格変更はおすすめできません。どのくらい価格を下げるのかは、内覧に来た方の反応や結果を参考にしたり、担当者と相談すると良いです。

 

値引きを前提に価格を設定する

不動産を売買する時に値引き交渉をされる事があります。内覧に来た方などから値引き交渉をされた場合、少しでも値引きをすると良いイメージを持ってもらう事ができ、売却できる可能性も高くなります。

そのため、物件の価格を決める時は、相場や値引き交渉ができるような価格にすると良いです。どのくらいの価格が良いか分からない場合は、担当者と相談して決める事をおすすめします。

 

内覧の準備にも手を抜かない

 

内覧が決まったら片付ける箇所

内覧が決まったら片付けをして少しでも売却できる可能性を高めると良いです。特に片付けておいた方が良い箇所を4つ紹介します。

 

玄関

玄関は、物件の第一印象を決める箇所なので、できるだけ明るくして、å物を置かないようにすると良いです。靴箱などは臭ったりしてしまう事があるので、消臭剤などをおいて綺麗にしておきましょう。

 

トイレやキッチンなどの水回り

水回りは、清潔感があるかどうかが大事です。カビや水垢は綺麗にし、蛇口やシンクなどピカピカにしておくと良いです。どうしても綺麗にできない場合は、ハウスクリーニングなどを頼むのがおすすめです。

 

収納

内覧を見に来たほとんどの方が気になるのが収納がどのくらいあるかというところです。収納部分の中を見せて欲しいという方も多いので、収納の中は特に綺麗にしておくと良いです。

収納部分にたくさん荷物がある場合は一時的にトランクルームなどにおいておくと良いと思います。いらないものは、捨てたりして中を見せても問題ないようにしておきましょう。

 

庭やバルコニー

庭やバルコニーなどは見にきた方がガーデニングが趣味だったりすると特に重要視したりします。外にあるのであまり見ないと思い、片付けない方が多いですが、日当たりが良い、悪いを気にする方もいるのでゴミは捨てて、雑草は抜いておくと良いです。

 

まとめ

 

今回は、不動産を売却する時のコツを様々な視点から分かりやすく詳しくお話ししました。査定のコツ、媒介契約の種類、価格設定、内覧の時に片付ける箇所などについて分からなかった方には参考になる内容が多かったのではないでしょうか。

そこまで高く売れない物件なのに契約を取りたいという気持ちから査定価格を高くしている不動産もあったりするので不動産売却のコツを知っておくと役に立ちます。不動産売却のコツを知る事でできるだけ高く早く売れる可能性が高くなるのでお話しした事を参考にして不動産売却にチャレンジしてみてください。

 

『不動産売却の際にかかる費用・税金について説明します』~アイケア不動産お役立ち情報~

 

徳島で不動産のご相談ならアイケア不動産まで

不動産の売買・賃貸・管理・リフォームまで、経験豊富なスタッフが丁寧に対応させて頂きます。お気軽にご相談くださいませ。 TEL:088-660-6688 / Mail:info@aicare-fudosan.com

関連記事

  1. 不動産店が教えるおすすめの土地探しの方法とは?

  2. 不動産売買でもクーリングオフはできるか?

  3. 土地を放棄したい!いらない土地を手放す方法とは?

  4. 売れない不動産には理由がある!?解決方法をお伝えします。

  5. 良い物件を見つけるには、まず良い不動産店を見つけよう!

  6. 競売物件とは?購入方法と注意点を解説します。