建売住宅と注文住宅の費用や特徴の違いを比べてみました!

一戸建てを購入しようと思った時に、建売住宅と注文住宅どちらにしたら良いか迷いますよね。

建売住宅は、いくつもの区画で一斉に販売されているイメージがありますし、注文住宅は自分のこだわりを詰め込んで唯一無二のマイホームというイメージがあります。

 

しかし、それぞれの詳しい特徴やかかる費用などは、よく分からないという人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、建売住宅と注文住宅の費用や特徴の違いを比べていきたいと思います。

 

建売住宅の特徴

 

それでは早速、建売住宅の特徴からご紹介していきましょう。

 

土地とセットで販売されている

 

1つ目の特徴は、土地とセットで販売されているということです。

建売住宅は、売主業者の設計によって建てられた住宅を、土地と一緒に購入します。

そのため、購入手続きが簡単という特徴があります。

 

 

設計済みでの販売

 

2つ目の特徴は、設計済みで販売されているということです。

建売住宅は、全て設計済みの状態で販売されるため、間取りの変更などは難しいですが、

購入までの打ち合わせが短いのが特徴です。

 

 

価格が割安

 

そして3つ目の特徴は、価格が割安ということです。

建売住宅は、土地開発などで同様の住宅をいくつも建てられることが多いので、資材コストを抑えることができ割安で購入することが出来るのです。

 

 

注文住宅の特徴

 

それでは次に、注文住宅の特徴をご紹介していきたいと思います。

 

 

間取りや設備などを一から決めて作る

 

1つ目の特徴は、間取りや設備などを一から決めて作るということです。

建売住宅と違い、間取りや内装を自分好みに選ぶことが出来るので、より「自分が建てた!」と実感出来る特徴があります。

 

 

土地と建物は別で購入する

 

2つ目の特徴は、土地と建物は別で購入するということです。

注文住宅の場合は、住宅のイメージや資金計画などを立てた後に、土地を持っていない場合は土地の購入をして、住宅作りを依頼する会社を決めていきます。

 

 

追加費用が発生しやすい

 

そして3つ目の特徴は、追加費用が発生しやすいということです。

注文住宅は、建売住宅と違い間取りなどすべての工程を一から作り上げていきます。

そのため、工事途中で設計の変更や追加費用が発生しやすく、最初の見積もりよりも多くなる可能性があるのです。

 

 

建売住宅が割安な理由

 

それでは次に、建売住宅が割安な理由を解説していきましょう。

建売住宅は、万人受けする住宅を作ることが優先されるので、量産品で比較的安い資材が使われます。

 

また建売住宅は、まとまった土地を区切って十数棟規模で建設されます。

そのため、売れ筋の価格帯に収めるようになっているので、内装のこだわりは取り入れにくいですが割安になるのです。

 

 

注文住宅が割高な理由

 

では、注文住宅が割高な理由を解説していきましょう。

注文住宅は、土地の価格や宅地を開発するための費用、建築にかかる費用を合わせた価格になります。

住宅の間取りや内装など、一から設計しながら作るため、建物自体の価格が高くなりがちです。

工務店や建築家などにそれぞれ依頼するので、建設にかかる予算などそれだけコストがかかります。

 

また、建売住宅に比べると工期が長くなるので人件費の割合も高くなります。

 

しかし、こだわる部分の工夫次第では、コストを切り詰めることも可能です。

こだわる部分が多ければ多いほど、割高になるということです。

 

 

入居までの期間

 

それでは最後に、建売住宅と注文住宅それぞれの入居までの期間を比べていきたいと思います。

 

建売住宅と注文住宅では、工期が異なるため入居までの期間も差があります。

これからマイホームを建てようとしている人は、逆算して計算してみるのもおすすめです。

 

 

建売住宅

 

建売住宅の場合は、すでに住宅が完成しているかしていないかで、入居までの期間が異なります。

すでに住宅が完成している場合は、不動産業者との契約や住宅ローンの手続きが完了すれば入居できるので、最短で1ヶ月ほどです。

また、これから着工する場合は入居までに4ヶ月程度かかります。

 

 

注文住宅

 

注文住宅の場合は、土地や施工会社探しから始まるので、入居までは半年から1年程度かかります。

土地を購入したあとに、設計プランを組み立て契約を交わすまでに、約3ヶ月ほどかかります。

 

そして打ち合わせを重ねながら着工して、完成まで4ヶ月~8ヶ月程度かかります。

使われる資材や、工法によっても工期は変動するので長いと入居まで1年~2年程度かかる場合もあります。

 

 

まとめ

 

今回は、建売住宅と注文住宅の費用や特徴を比べてみました。

マイホームを建てるとなると、こだわりたい部分や重視したい点がたくさん出てきますよね。

 

入居までの期間が短いことや、低コストを重視したい場合は建売住宅がおすすめですし、細部にまでこだわったマイホームを建てたいという人には注文住宅がおすすめです。

 

今回ご紹介した特徴や費用を参考に、自分なりのこだわりに合う住宅をぜひ探してみてくださいね。

 

徳島で不動産のご相談ならアイケア不動産まで

不動産の売買・賃貸・管理・リフォームまで、経験豊富なスタッフが丁寧に対応させて頂きます。お気軽にご相談くださいませ。 TEL:088-660-6688 / Mail:info@aicare-fudosan.com

関連記事

  1. 不動産を購入した際にかかる税金について解説します!

  2. 不動産店が教えるおすすめの土地探しの方法とは?

  3. 空き家を放置しているなんてもったいない!空き家の活用とは?

  4. 不動産を売りたいと思ったら、取るべき行動とは?

  5. 一戸建てやマンションにかかる維持費とその種類とは?

  6. 土地購入の流れを詳しく解説します!