不動産用語集:ら行

ライフライン

都市機能を維持し日常生活を営むために必須の設備をいう。電気・ガス・水道等、通信設備、物流手段、人の移動などがこれに当たる。

リノベーション

新築を除く住宅の増築、改装・改修、模様替え、設備の取替えや新設などの改造工事を総称してリノベーションという。

リビング

個室ではなく、日常生活でのくつろぎのためなどに家族共同で使われる。「LDK」などと表示する場合の「L」である。

リフォーム

建物の構造強化、機能向上などを図るための改修をいう。耐震化、バリアフリー化、省エネルギー化、耐久性向上化などのための工事がある。

琉球畳

半畳サイズの正方形で縁がない畳をいう。インテリアデザインのために使用されることが多い。

隣地斜線制限

隣地高さ制限のこと。「建物の各部分の高さは、その部分から隣地境界線までの距離が長いほど高くすることができる」という規制である。

ルーフバルコニー

マンションにおいて、下の階の住戸の屋上部分を、上の階の居住者のためのバルコニーとしているものを「ルーフバルコニー」という。

ルームシェア

他人同士が一つの住宅で生活する住み方。個室は専用であるが、台所・食堂・浴室・便所などは共用することが一般的である。

礼金

建物の賃貸借契約を締結する際に、借主から貸主に対して、契約締結の謝礼として支払われる金銭。退去した場合も借主に返還されることはない。

レインズ

国土交通大臣から指定を受けた不動産流通機構が運営しているコンピュータネットワークシステムの名称である。

連帯保証

保証人が、主たる債務者(本来の債務者)と連帯して債務を負担すること。債権者と保証人とが書面による保証契約を締結することによって成立する。

ロールカーテン

巻き上げ式のカーテン。窓辺のほか、間仕切りなどとしても使われる。

ローン特約

あらかじめ予定していた融資が金融機関等によって承認されなかった場合には、買主は不動産を購入する契約を解除して、契約を白紙に戻すことができるという特約を盛り込むことがある。こうした特約を「ローン特約」と呼んでいる。

ログハウス

丸太を主要な構造材とする家屋。柱、梁、壁が、丸太または太い角材によって造られ、丸太を積み重ねる方法で建築される。

路線価

宅地の価額がおおむね同一と認められる一連の宅地が面している路線について、その路線に面する宅地の1平方メートル当たりの価額を1,000円単位で表示したものを「路線価」という。

ロフト

屋根裏の空間を利用して造られた部屋や床から天井までの高さが大きい部屋において天井近くに設置された物置等に利用できる空間である。